テレワークWiFiおすすめ1位:ギガゴリWiFi

ギガゴリWiFiは、通信回線の最大手GMOインターネット株式会社が運営しております。

無制限プランは、通常なら1年目 月額3,050円、2年目以降 月額3,500円となっておりますが、当サイト経由の限定ページなら2年間は月額3050円で維持ができます。

当サイトのギガゴリWiFiは、2年割ですが最低利用期間が1年間と短くなっております。

ギガゴリWiFi公式限定ページで申し込みはこちら

テレワークWiFiおすすめ2位:どんなときもWiFi

どんなときもWiFiは、無制限Wi-Fiを提供する会社としては最大手の株式会社グッド・ラックが運営しております。この会社は既にネクストモバイルを長年サービス提供してきた実績のある会社です。

どんなときもWiFiは、2年間限定で月額3480円ですが、3年目以降は月額3980円と500円値上げされる点が懸念されます。また、2年縛りとなっており19000円もの違約金があります。

どんなときもWiFiは、有名人を起用し全国放映でCMをガンガン流し知名度を上げて契約者を増やしていますが、ユーザー急増による回線の混雑が懸念されます。

テレワークWiFiおすすめ3位:最安値保証WiFi

株式会社スペースエージェントが運営してしています。スペースエージェントは民泊利用物件情報を提供する不動産ポータルサイトも運営しています。

最安値保証WiFiは、月額3280円で最低利用期間なしとなっており、無制限Wi-Fiとしては非常に条件が良いです。

初期費用の3,000円前後の事務手数料が無いという事と契約期間の縛りが無いというのは最安値保証WiFiの強いメリットといえます。

最大の弱点は取り扱い端末です。「Speed Wi-Fi NEXT W04」「Speed Wi-Fi NEXT W05」「TP Archer M7200」など古い端末しか選ぶことができません。

バッテリー持ちやパフォーマンスが悪いのが難点です。

最安値保証WiFiの場合は回線はソフトバンクのみとなり、使用するレンタル端末はユーザー側の任意で選ぶことは出来ません。

テレワークWiFiおすすめ4位:Mugen WiFi

Mugen WiFiは2019年10月から始まった完全無制限のポケットWiFiで、株式会社surfaveという会社が提供しています。

他社は端末1種類ですが、Mugen WiFiは2種類のルーターから利用する端末が選べます。どちらも性能や速度はまったく変わりません。搭載機能だけ変わります。

アドバンスプランの端末には液晶画面が付いていて、データ使用量を確認したり、翻訳機能や充電機能などを使ったりできます。

アドバンスプランの便利な機能・アプリ
・データ使用量の確認画面
・21ヶ国語の翻訳機能
・スマホの充電機能
・旅行口コミサイト「tripadvisor」
・マップ検索アプリ「Google MAP」

旅行や海外向きの端末と言えますが、月額3880円と割高になるので、これらの機能が不要な場合は格安プランの月額3280円が良いでしょう。

テレワークWiFiおすすめ5位:よくばりWiFi

よくばりWiFiは月額3450円となっており値上げがありません。どんなときもwifiの月額3480円を対抗した料金となっており30円安く利用することができます。

よくばりWiFiならでは特典は、3年目以降の端末返却不要と解約金なし、初月から2か月間は月額料金無料などの魅力があります。

しかし、対応エリアはSoftbank回線のみという弱みがあります。どんなときもwifiは3キャリア対応しているのでドコモやauも繋がります。

ソフトバンク回線のみというのはネックになってくるでしょう。

テレワークWiFiおすすめ6位:限界突破WiFi

限界突破WiFiは月額3500円です。料金は他社よりも高くなっております。

限界突破WiFiにしかない魅力は最大同時接続台数8台の点です。他社は5台までが殆どですが3台多い8台まで接続できます。

限界突破WiFiは、5.7型の液晶が付いたスマホ型ルーターということで、地図アプリと翻訳アプリが内蔵されています。旅行などでよく使う地図アプリや、海外旅行で役に立つ翻訳アプリがルーターで使えます。

液晶がついている無制限Wi-Fiの中では一番魅力的な会社と言えます。

限界突破WiFi端末は他のポケットWiFiと比べて非常に特殊な仕様になっています。通常のポケットWiFiはスマホを小さくしたようなモバイルルーターを利用して通信します。

ところが限界突破WiFiのルーターはまるで見た目がスマホです。

テレワークWiFiおすすめ7位:FUJIWifi

FUJI Wifiは株式会社レグルスという会社が運営しているポケットWiFiです。FUJI Wifiは3つの料金プランがあります。

・国内ルータープラン
・国内SIMプラン
・海外ルータープラン

それぞれ通信量に応じた料金プランが設定されており、各プランで使えるルーター(SIM)によって最大通信速度も変わります。

FUJI Wifiには通信量無制限のプランが存在しています。しかしながら契約期間に縛りがない分、同じ通信量の他社と比較してやや高額です。

テレワークWiFiおすすめ8位:それがだいじWiFi

それがだいじWiFiは2007年設立された株式会社ソリューションネットワークが運営しています。2007年設立の、営業代行、ITソリューション、コールセンター業務を主事業とする会社です。

月額料金は20GB、30GB、50GB、使い放題の4つのプランに分かれています。(100GBプラン→使い放題プランに変更されました)

Wi-Fiの月額利用料金は定額制で2,380円(税抜き)から。最低料金で言えば、モバイルWi-Fiの中でも最安級です。

それがだいじWi-Fiは、ソフトバンク回線を使用しています。3キャリア対応でない点が最大の弱みとなります。

テレワークWiFiおすすめ9位:hi-ho GoGo Wi-Fi

hi-ho GoGo Wi-Fiは、2019年11月21日からサービスを開始した、クラウドSIMを採用したポケットWi-Fiです。

利用場所に合わせてドコモ・au・ソフトバンク回線を自動的に切り替えて通信を切り替えることで、常に1番いい電波状況で通信できます。

また、月間データ量の制限や3日10GBの制限も気にせず「完全無制限」で使えるのが最大の特徴です。

端末はレンタルではありませんので、返却をする必要はありません。ただし、利用中に故障した場合は修理費用が発生しますので、端末補償に入っていた方が良いでしょう。