クラウドWiFi東京は、「月額料金が安い」「値上げなし」「最低利用期間なし」「違約金なし」「端末無料レンタル」「最新端末」などメリットが多数あり、無制限Wi-Fiの中でもコスパが良く魅力的です。

そんなクラウドWiFi東京にもデメリットが存在します。そのデメリットが懸念となり他社Wi-Fiを契約した方が良い場合もあります。

saikou

クラウドWiFi東京公式限定ページ🎵では、初期費用3980円から1000円割引🌟となるクーポンがあります。通常より1000円お得に契約が可能です。詳細は以下のリンクをクリックして下さい。
クラウドWiFi東京クーポン限定ページはこちら

クラウドWiFi東京デメリット1:口座振替支払いができない

クラウドWiFi東京は、口座振替支払いがありません。

クレジットカード支払いのみとなっております。クレジットカードを所持していないユーザーは契約できません。他社Wi-Fiでは、口座振替支払いも選択可能となっております。

支払い方法がクレジットカード1択だけというのは残念な点です。

クラウドWiFi東京デメリット2:店舗数が少ない

クラウドWiFi東京は店舗受取も選択できます。

しかし、新宿の1店舗のみとなっております。首都圏以外に住んでいるユーザーは受け取りに行くには遠くなります。

また、平日の10時から18時までの間となっており、土日は受け取りができません。土日休みのサラリーマンは店舗受取は不可と言えるでしょう。

クラウドWiFi東京デメリット3:端末は解約時に返却

クラウドWiFi東京の端末はレンタルとなっており、解約時には返却が必須となっております。

どんなときもWiFiの特別Aプランでは2年間継続利用で3年目からは端末返却がなしとなります。クラウドWiFi東京は何年継続利用しても最終的には端末を返却する義務があります。

クラウドWiFi東京デメリット4:口コミが少ない

クラウドWiFi東京の体験談をTwitterやGoogleで検索しても、口コミ情報はあまり出てきません。

どんなときもWiFiは、毎日のようにTwitter書き込みがありますが、クラウドWiFi東京は速度や繋がり具合をレビューしている方が非常に少ないので、契約には不安があるでしょう。

クラウドWiFi東京が、どんなときもWiFiよりもお得と分かっていても、速度や電波が悪かったらどうしようと躊躇してしまうくらいに口コミが少ないです。

クラウドWiFi東京デメリット5:通信制限があった

クラウドWiFi東京を利用しているユーザーが2週間で通信制限を受けたとの情報がありました。

クラウドWiFi東京では、基本的には通信容量の制限などはありませんが、キャリア側の判断により短期間で膨大なデータ量の消費または、異常な通信量とみなされた場合、速度制限がかかる事があります。

速度制限時の通信速度は384Kbpsとなりますが、翌月には通常の速度に戻りご利用いただけます。

クラウドWiFi東京で通信制限を受けてしまうと月末まで遅い速度となります。15日に速度制限を受けた場合は31日まで速度制限がかかり翌月1日から速度制限が解除されます。

クラウドWiFi東京は、月間100~150GB程度の利用で速度制限がかかるとの情報がありますので、これ以上を利用する場合は向きません。

クラウドWiFi東京デメリット6:Softbank回線ばかり繋がる

クラウドWiFi東京は、Softbank回線ばかり繋がるようになっております。

3キャリアに繋がることを謳っておきながら、ドコモやauは滅多につながることはありません。ただし、これはどこの無制限Wi-Fiも同じでSoftbank回線主流で繋がる場合が多いので、クラウドWiFi東京だけが特別悪いわけではありません。

ソフトバンク中心となる理由は、SoftBankの利用エリアがかなり広いので、つながりやすいからです。それでは足りない、遅い場合にはdocomoやauの回線で補完してくれます。

クラウドWiFi東京で3キャリア満遍なくつながる期待はしないでください。基本的にはソフトバンク回線がつながると思っていただいた方が間違いないです。

クラウドWiFi東京デメリット7:月額料金が高い?

クラウドWiFi東京は、月額料金がずっと同じです。値上げしない点はメリットですが、逆に言えば月額料金割引がありません。

他社wifiでは、最初の2年間は月額料金が大幅に安くなっております。2年以上使う前提なら「Mugen-WiFi」の方が月額100円安いです。

クラウドWiFi東京デメリット8:速度が遅い

クラウドWiFi東京は利用場所や通信状況に応じて、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を自動で切り替えてくれます。そのため、地下や建物の奥でも、電波状況で困ることはありません。

ただ、クラウドSIMの切替が何かしらの理由で上手くいかないと、電波の弱い回線のままという可能性があります。

電波状況が悪い時は、モバイルWi-Fiルーター本体を窓際など電波の届きやすい場所で利用することで改善する可能性があります。

また、何かしらの理由でクラウドSIMの切り替えがうまく行われていない可能性もあるので、再起動やリセットで改善することもあります。