クラウドWiFi東京の初期費用は3980円となっております。

他社wifiは初期費用3000円ですから、980円割高ですが、クーポン登録で1000円割引されるので初期費用を2980円にすることは可能です。

saikou

クラウドWiFi東京公式限定ページ🎵では、初期費用3980円から1000円割引🌟となるクーポンがあります。通常より1000円お得に契約が可能です。詳細は以下のリンクをクリックして下さい。
クラウドWiFi東京クーポン限定ページはこちら

クラウドWiFi東京の初期費用とは?

クラウドWiFi東京の契約事務手数料というのは、新しく契約をする時に発生する費用です。

この事務手数料は、携帯電話のドコモ、au、ソフトバンクで金額は統一されています。携帯の世界では3000円が当たり前になっています。

無制限wifiの世界でも3000円の事務手数料の場合が多いですが、クラウドWiFi東京だけは3980円と他社より980円高くなっております。

しかし、他社にはないクーポン制度がありますので、事実上2980円の事務手数料で済みます。

クラウドWiFi東京は初期費用を意図的に980円高くしておいて、クーポンで1000円割引にさせて安く契約できるように見せかけている可能性があります。これはトリックと言えるでしょう。

クラウドWiFi東京の初期費用はいつ支払い?

クラウドWiFi東京の初期費用は初月に支払います。実際の引き落としはクレジットカードにより異なります。

 締め日
VISA毎月15日締め、翌月10日払い
もしくは
毎月末締め、翌月26日払い
MasterCard毎月5日締め
当月27日引き落とし
JCB
毎月15日締め
翌月10日払い
AMERICAN EXPRESS毎月3日締め
当月21日引き落とし
=========
毎月7日締め
当月26日引き落とし
=========
毎月19日締め
翌月10日引き落とし
Diners Club毎月20日締め日
翌月10日引き落とし

クラウドWiFi東京は初期費用の他にSIMカード発行手数料はかかる?

従来のwifiルーターは端末本体に付属のSIMカードを差し込むことでインターネットを利用する仕組みです。利用場所近くの電波塔から出ている電波をキャッチすることでインターネット通信が可能になります。

クラウドWiFi東京は、SIMカードの差し込み不要でインターネットを利用できる「クラウドSIM」という仕組みを利用しています。

「クラウドSIM」でwifiルーターの利用場所に応じてクラウドサーバー上の最適なSIMカード情報を自動適用させ、インターネット通信を可能にしています。

その為、SIMカード発行する必要がなく、SIMカードが送られることはありません。従って、SIMカード準備料などは掛かりません。

クラウドWiFi東京の初期費用無料キャンペーンは?

クラウドWiFi東京では現在、初期費用無料キャンペーンは実施しておりません。

クーポンによる1000円割引が最大の特典となります。クーポンを利用して最低でも2980円の初期費用支払いの義務が生じます。

また、クラウドWiFi東京にはエントリーパッケージはありません。エントリーパッケージとは、通販サイトや家電量販店などで販売されている、16桁のコードが記載されたパッケージ(紙)のことです。

エントリーパッケージの購入=登録事務手数料を支払ったということになり、16桁のコードを申込時に入力すると、初期費用の登録事務手数料がなくなります。

これは、格安SIMではエントリーパッケージで初期費用無料になりますが、無制限wifiにはエントリーパッケージ自体がありません。

クラウドWiFi東京を初月に解約しても初期費用支払い義務あり?

クラウドWiFi東京は、最低利用期間が1ヵ月間となっております。従って申し込みした月に解約はできません。申し込みした翌月の末日まで利用する義務があります。

初期費用の支払いも強制となります。1ヵ月利用して解約したとしても初期費用の支払い逃れはできません。

クラウドWiFi東京は初期費用以外に掛かる費用

クラウドWiFi東京は初期費用以外は、月額料金と安心補償オプション代のみが請求されます。

安心補償はオプション制となっておりますので、未加入の場合は請求されません。

端末はレンタルとなっておりますので無料です。その他に請求されるものは一切ありません。送料も無料となっておりますので、受け取り時に支払う必要はありません。

解約も無料ですので、余計な負担は一切なく安心です。